都筑区整形外科 港北区整形外科 横浜市整形外科 都筑区プラセンタ注射 横浜市プラセンタ注射
本文へ移動

体外衝撃波疼痛治療(拡散型圧力波)

体外衝撃波とは

体外衝撃波治療とは衝撃波を幹部に連続的に照射し疼痛の原因となる自由神経終末を減少させて疼痛を改善させます。
疼痛軽減だけではなく各種成長因子が増幅し腱の修復を促進させると考えられています。
整形外科領域の様々な疾患に応用するようになりました。ヨーロッパを中心に普及し、低侵襲な治療法として、スポーツ選手にもよく用いられてます。


体外衝撃波治療の特徴

●1回の治療時間は10分〜15分程度
●麻酔の必要がない
●治療後日常生活に制限はない
●手術と違い傷跡は残らない


治療の流れ

当院ではリハビリテーションの中で行うため保険診療になります。
予約制で行っています。当日予約なしの場合はご相談ください。

① 必要な診察、検査をさせて頂きます。他院で行っている場合も当院でさせて頂きます。
②適応があるかを医師が判断します。
③理学療法士がついて説明し行います。
④照射を行います。


適応疾患

・足底筋膜炎 ・五十肩(肩関節周囲炎)・膝蓋腱炎 (ジャンパー膝)  
・上腕骨外側上顆炎(テニス肘) ・内側上顆炎(ゴルフ肘)   
・石灰沈着生腱板炎・アキレス腱付着部炎
・偽関節・疲労性骨折

注)難治性足底筋膜炎(保存的療法を6ヶ月以上継続しても改善しないもの)に対する収束型体外衝撃波の治療は行っていませんが拡散型衝撃波で治療を行えます。
        

治療費

保険診療となります。
1部位のみ治療となります。
すみれ整形外科クリニック
224-0053
横浜市都筑区池辺町4035-1
ららぽーと横浜1階
TEL.045-938-5230
TOPへ戻る
都筑区整形外科 港北区整形外科 横浜市整形外科 都筑区プラセンタ注射 横浜市プラセンタ注射