本文へ移動

PFC-FD療法(自分の血液を採取し患部に注射するバイオセラピー)

PFC-FD療法とは

  自分の血液を利用した新たな関節治療  

PFC-FD療法とは、自分の血液中の血小板に含まれる成長因子を活用し関節や筋腱の疾患・損傷に対して注射する治療法です。



  血小板の効果  

血小板は傷を治す際に成長因子を放出します。

”成長因子”の働きを活用し、人体がもともと持っている「治癒力」を高める新しい治療法です。



  プロスポーツ選手も行っています  

ゴルフのタイガー・ウッズ選手や、野球では大谷翔平選手が怪我の改善に活用したことで話題になった「PRP(多血小板血漿)療法」がありますが、PFC-FD療法はそのPRP療法を応用した技術になります。

現在ではPRP同様に関節症や、関節周囲の靭帯や軟部組織の治療に活用が始まっています。


  詳細はこちら 

効果の期待できる疾患

⭐️変形性膝関節症 ⭐️変形性股関節症 ⭐️テニス肘(外側上顆炎) ⭐️腱鞘炎 

⭐️足底筋膜炎 ⭐️アキレス腱周囲炎 ⭐️膝、足首靭帯損傷 ⭐️鵞足炎(膝)⭐️五十肩 など

PFC-FD療法の治療の流れ

① 予約
まずは電話または受付にて予約をお願いいたします。
電話番号 045(938)5230
② 問診・診察 
 今までの経過や治療についてお聞きします。また診察、画像検査をさせていただきます。


③ 説明と同意書
 PFCーFD療法について説明し同意書に署名して頂きます。
④ 採血

患者様自身の血液を採血します。採取した血液を厚生労働省の認可を受けている細胞加工センターへ送ります。
⑤ PFC-FDの製造
センターで加工しフリーズドライしPF-CD製造します。

※製造には約3週間かかります。納品されたらお電話にてご連絡させて頂きます。
※当院から連絡ありましたら治療の予約をお願いいたします。
⑥ 注射
製造されたPF-CDを患部に注射します。
当院ではエコーガイド下(超音波画像を用いて)患部に確実に注射します。
⑦ リハビリテーション
注射後はリハビリテーションを行うことでさらに効果が期待できます。

料金

PFC-FD療法は自費診療になります。保険診療の適応ではありません。

総額 税込¥170,000
 内訳 
・初回診察、画像検査、説明  : ¥5,000
・血液検査料        : ¥15,000
・治療費          : ¥150,000

※初回診察時に治療希望された場合は一括でお支払い頂きます。
治療を希望されなかった場合は初回診察料の¥5,000のみになります。

※血液検査で感染症を認めた場合治療は行えません。その場合は治療費150,000のみ返金させて頂きます。

※術後のリハビリテーションの費用は含まれていません。


すみれ整形外科クリニック
224-0053
横浜市都筑区池辺町4035-1
ららぽーと横浜1階
TEL.045-938-5230
TOPへ戻る